さんぽみち動物病院

さいたま市岩槻区 の さんぽみち動物病院

〒339-0061 埼玉県さいたま市岩槻区岩槻6929
048-884-9921

MENU

さんぽみちテクテクテク。~さんぽみち動物病院のブログ~
※車でお越しの方へ
新規施設のため、カーナビ検索の注意点を記載しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

アニコム損害保険株式会社

 

クレジットカード利用可能

クレジットカード各種対応可
 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

医師の紹介

ご挨拶

院長 今川 惇哉
 

初めまして。
さんぽみち動物病院 院長の今川惇哉(いまがわじゅんや)と申します。
この度2015年2月に岩槻の地に新たに開業いたしました。
僕はつい先日までさいたま市の緑区の動物病院で勤務医をしておりました。そこで出会ったたくさんの飼い主さまと動物たちをこれからも診ていけたらと、近くの岩槻区で開業を決意しました。これからは今までの患者さまだけでなく岩槻のワンちゃんネコちゃんのかかりつけ医になっていけるよう努めていきたいと思います。
どうぞ病院を見学する気持ちで一度診察にいらしてみてください。

1.気がねなく話ができる「先生」でありたい。
言葉を話すことのできない動物の治療は、獣医である僕たちと飼い主であるご家族皆様との信頼関係の上に
立つものだと考えています。納得していただいた上で治療を進めていくため、そしてなにより僕自身という
人間がどのような人間かを知っていただくためにも、常日頃から気軽に相談できるような先生でありたいと思っています。
治療の希望、ちょっとした相談、なんなりと話にきてください。

2.それぞれのご家族に合った治療の方法を提案するように努めます。
ペットの高齢化が進む今、不治の病で通院する動物もいます。
死と隣り合わせの病気に遭遇した時、ご家族の皆様はどういった決断をしますか?
難治疾患(特に高齢動物)の治療の場合、積極的に治療に取り組みたいというご家族もいれば、
できる限り無理をさせず、痛い思いをさせない範囲で治療に取り組みたいというご家族もいます。
それぞれのご家族の形、ご家族の希望に合った治療の「選択肢」を選べるようできるだけ努めます。

3.最適な医療を提供するために、新しい知識や技術を得る努力をします。
知識や技術を学び続けることが、話すことができない動物の治療には必要不可欠だと考えています。
なぜなら予防・検査・治療の方法というものは日々更新されていくからです。
より新しい知識や技術を学ぶことで、より良い医療を提供できるようにしていきたいと思います。

 

「さんぽみち動物病院の目標」

 “さんぽみち動物病院”はあなたのおうちのワンちゃんネコちゃんの2回目の来院が楽しみになる病院を目指します。

人間同様、病院という場所は楽しい場所とは程遠い場所です。
自宅とは違い、多くのワンちゃんネコちゃんにとって恐怖や緊張をあおるというイメージがあると思います。そんな子たちが少しでも負担を感じずに来院してもらえるような病院作りを院長はじめスタッフは目指しています。
 病気の子もワクチンの子も、男の子も女の子も、若い子も年をとってきた子も、もちろん連れてきてくださる飼い主さまも…みんなにとっての通院が少しでも楽しいものになってくれたらとさんぽみち動物病院は考えています。
外観 看板

 

院長略歴

2007年  麻布大学 卒業
2007年~  市原山口動物病院 勤務
2010年~  ドルフィンアニマルホスピタル 勤務
2015年~  さんぽみち動物病院 開業

 

所属学会・認定医

◇日本獣医がん学会
◇iVEAT腹部超音波セミナー 修了
◇日本獣医麻酔外科学会

 

スタッフ紹介

準備中です。